ミュージシャン向けの話

兼業ミュージシャンとプロ意識について

こんにちは、奏子(かなこ)です。

奏子

Twitter:@windy_k75

音楽業界に関わりつつも業界人ではない人間の一意見です。
表現が些か乱暴ですのでご注意ください。

そもそも兼業ミュージシャンって?

ミュージシャン・アーティストと他の職業の兼業(私もある意味あてはまります)は、やり方を間違うとミュージシャン一本で活動する以上のしんどさがあります。

兼業でいることにより、収入源を複数持つというリスクヘッジができれば理想ですね(この状態がプロ)
けど、どちらか(だいたい音楽活動だけど…)が赤字だったりアルバイトレベルの収入だったとしたら、趣味で楽しめば良いのです。
それぞれにやりがいを持って取り組むことによる相乗効果を生めれば意味があります。

それが出来ると、本当に楽しいし幸せ。
こうなって初めて「プロもアマも関係ない」と言えます。

嫌々な兼業になってはいけない

けど、そうでないミュージシャンが大勢いるのが問題。
足りない活動費や生活費を補填するためだけに、本当は嫌で辞めたい仕事をしている場合です。
不本意な仕事を受けざるを得ないプロミュージシャンにも当てはまる。
そこで奪われる気力と体力は、間違いなく好きなはずの音楽活動にまで影響します。

結果として「主目的であるはずの音楽活動がスポイルされ、ファンを悲しませる」結果を招き得ます。
であれば「好きな音楽で生きると覚悟を決めて、その為に収入を得る努力と工夫をしろ」と思うのです。
自身の不本意な気持ちに目を瞑っても出来る程度の仕事をしながら楽しいとこだけ頑張るより、遥かに大変だし頭を使いますが。

まともな人は、価値があると思えばお金を惜しみません。
まともじゃない人は相手にしなければ良いのです。

夢だけではダメ

ここでまた出てくる問題。
アーティストと呼ばれる方々の多くは、商売っ気を出すのを嫌いますね。
お金では測れない夢と楽しみを与える仕事なのだから、当然といえば当然か。
私も以前はそうでした。
でも、それではダメ。
断言するけど、音楽でプロを名乗りたいなら絶対にダメです。
(プロ意識をもった趣味であれば構いません。他の生活手段があるという意味で)

その辺りを見透かして、本来アーティストが得るべき利益を搾取する輩が今の音楽業界を動かしています。
(これはミュージシャンに限ったことではありませんね)
いくら努力しても報われない場面は存在するのです。
悲しいことですが、それが現実です。

夢のままにしない生きがいのつくりかた

それを打破する唯一の手段は、アーティスト自身が営業・マーケティングを行い、収入を得るルートを作ること。
個人事業主をイメージしてください。
事務所という中間マージンをカットできるので、ファンの負担は減りアーティストの手取りも増えます。
(但し、税金には注意しましょう)
今の仕事と趣味を繋げる生き方も実現可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-ミュージシャン向けの話
-, , , ,

Copyright© 普通と違う人生の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.