嫌いな自分を好きになろう

こんにちは。ベーシスト・ミュージックライフコンサルタントの奏子です。

奏子

Twitter:@windy_k75

突然ですが、私は自分がベースを弾いている姿が嫌いでした。
あ、過去形ですよ(笑)
何故だったんだろう、弾くのは好きなのに。

自分の全てが大好きな人なんて、そうはいないでしょう。
いたら余程のナルシストですね(笑)
でも、自分の中の何かが嫌で嫌で…と考えてしまってたら、ちょっと視野を広げてみませんか?
だってね、、

 

背が高いのが嫌だと言っていたあの人。
私は小さくて丸いから、長身スレンダーが羨ましかったんだ。
だから、背筋を伸ばして胸を張って。

自分の声が嫌いと言っていたあの人。
その歌声は、聴く人を惹きつけているんだ。
だから、好きな歌を歌っていて。

甘さと弱さが自分のダメな所、と言っていたあの人。
気弱故の?細かい心配りに、私は助けられたんだ。
だから、その優しい心を大切にして。

 

「あの人」3人は実在しています。
皆、私の大切な友人です。

こんな風にね、意外といるんですよ。
自分の嫌な所でも、良いと思ってくれる人。

そう思ったら不思議なことに、段々と私自身を褒めてもらえるよえになりました。
ステージに立つ自分も、好きになれました。
ますます、音楽が大好きになりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • LINEで送る