ミュージシャン向けの話

【ミュージシャンの変な感覚】プロとアマの違いとは

こんにちは、奏子(かなこ)です。

奏子

プロとアマチュアの違いについて。
何を持ってプロミュージシャンと言うのか色々な意見を聞きます。
結論から言うと、プロかアマかということとミュージシャンとしての実力は根本的に別物です。

そもそもプロの定義とは

プロという言葉の定義は、その分野で生計を立てていること。
ミュージシャンの場合、プロの条件は「音楽活動の収入で生活が成り立っていること」これだけ。
この大前提がなければ、どれだけ演奏技術が高かろうとメジャーで注目されていようと何枚CDを出そうと、プロではありません。

食えない仕事でプロを名乗るな。

このように言うと「お金を払ってライブに来て(CDを買って)くれる人がいる」「ギャラをもらって演奏やレッスンをしている」などと反論をいただきます。
確かに音楽で「仕事をして」いますね。
しかし、音楽で「食べていく」ことが出来ないうちはアマチュアです。
仕事なのだから結果が全てということ。
心当たりのある方、プロと名乗るのは今すぐ止めましょう。
ハッキリ言って、みっともないです。

アマチュア<プロ、とは限らない。

だからといって、アマチュアを否定することは決してありません。
私はメジャーデビューも経験しましたが、ミュージシャンとしてはアマチュアです。
それに、プロだから偉いわけではありません。

何故かミュージシャンは「プロになるorプロである」ことに拘りがちなように思えます。
一方、売れるかどうかは事務所任せな人が殆ど。
プロには不可欠な営業活動やマーケティングについては素人ばかりなのに、不思議でさえあります。

そもそも、アマチュアってカッコ悪いものなのでしょうか?
活動費どころか生活費までアルバイトで補填しないとやってけない自称プロよりは、社会人ミュージシャンとして生きるほうが余程カッコいいと思います。

プロ=それが上手い、ではなく、プロ=それで食える

「音楽で」プロになる場合でも、音楽以外の工夫や努力は不可欠。
しかし、大半のミュージシャンは音楽を極めれば売れると信じて音楽一筋になりがちです。

確かに運が良ければ(宝くじの高額当選くらいの確率で)ブレイクするかもしれません。
が、宝くじと同じでハズレる確率の方が遥かに高いので、そういう方は他の生活手段を持っておく(=アマチュアでいる)べきでしょう。
技術やセンスがプロ以上のアマチュアも大勢います。

得意な何かでプロであれば良い。

ここまで偉そうに書いてきた私も、10代までは漠然とプロミュージシャンになりたいと(意味もわからず)思っていました。
が、現実的に難しいと(当時は)考え直しまして、音楽とは無縁だと(当時は)思い込んでいた、現在の本業(IT業界)に飛び込みました。

いま私の専門分野では、私自身のスキルを買ってくれるクライアントが常にいらっしゃいます。
少なくとも、業界入りしてからの10数年は途切れることなく。

そこから自身の生活を維持するには十分な報酬をいただいています。
本当に有り難いことだと感謝すると同時に、それに見合う仕事ができるよう常にアンテナを張っています。

十分な報酬なしにお仕事はお受けしません。
そんな余裕はありませんし、何より対価をいただいている現クライアントに失礼だから。

なので、本業の分野ではプロであると自負します。
それにより、アマチュアとして本当に好きな音楽を嗜む時間的&経済的余裕が生まれました。

現在行っている、本業と音楽(好きなこと)を融合させようという試みの原点でもあります。

まとめ

ミュージシャンの価値に、プロかアマかは関係ありません。
単に、職業(=生活手段)が音楽であるかどうか、というだけのこと。

それよりも、やりがいのある音楽をやりましょう。
そのために、音楽でもそれ以外でも、やりがいのある仕事ができる方法を考えましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-ミュージシャン向けの話
-, , , ,

Copyright© 普通と違う人生の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.